« わかりやすく説明したくなる | トップページ | 高齢者対策を急げ! »

2017年8月12日 (土)

子どもの心は親の自由にはならない。だが自分の心は変えられる!

今現在、わが子が荒れて困っている親御さんもいらっしゃると思います。
今まであんなに素直だったのに、、。
今まであんなにかわいかったのに、、どうして?
と思っている方も多いでしょう。

中学生くらいになっての反抗期で、多少親の言うことを聞かなくなることもありますが、それ以上にひどくなっているご家庭もあると思います。

まず、ここで押さえておかないといけないことはわが子であっても
「子どもの心は親の自由にはならない」
ということ。
ここををしっかりつかんでおかないといけないと思います。

幼い時には、親の庇護のもとにありますので、親の言うことを聞きますが、段々自分の考えが芽生え、それに友達やいろいろな世間の情報が入ってきて、親の言うことを聞かなくなってきます。
 当然まだ子どもにも悪いところはあり成長しきってはいないのですが、それでも親を世間と比べ批判することができるようになります。
 親の足らざるところを子どもが発見し、親にそれを言っても親は聞く耳を持たず、子どもにばかり親の言うことを聞かそうとします。
 しかし、子どもは尊敬してない人の言うことは聞かないいのです。

 そこで、、
 頑強な子は、親と取っ組み合いになり粗暴になります。
 少し気の弱い子は、内へこもり引きこもったりします。
 そこへ追い打ちをかけても、高圧的な態度に出ても、それは逆効果。
 子どもの心は親の自由にはならないのです。

 もし、子どもが心を変えるとしたら、それは親の変わる姿を見て自然と自分で変わろうとするときです。

 昔、読んだ本に
「悪い子なんていない。そこには出来の悪い親とできの悪い教師がいるだけ」
と書かれてありました。

 お子さんが暴れていても、最初からそうだったわけではないはずです。
何年も何年も育ててきて、それが積もりに積もってそうなっているのです。
 
 中学生になって急に子どもが言うことを聞かなくなった。
これは中学の先生が悪いからだという人がいますが、そんなことはありません。
たいていは、それまでの育て方に問題があります。
たまたま中学でそれが出てきただけのこと。

うまくいってない時にはやはり何かが違っていたのです。
まずは、やはり自分の育て方を振り返ってみることだと思います。

子どもを自分の所有物のように思っていなかったかどうか。
親の都合で、子どもを動かしていなかったかどうか。
本当に子供の目線で、自分を振り返ったことがあったかどうか。
それを一つ一つ振り返り、反省すべきは反省し、改善できることは改善することです。

「お父さんはここが間違っていたと思う。これからお父さんはそれを直すように努力する」

そう言って頑張っていれば、多くの子供はだんだん変わっていきます。

しかし、すぐには改善しない場合もあります。
その時でも、親は正しい行動をしておくべきだと思います。
嵐はいつかは去ります。
お子さんのその行動もいつかは止まり、やがて大人になり自分の家庭を築きます。
その時に、手本とするのは親の行動です。
例え子どもが言うことを聞かなくても、親が正しい行動を親がしていたら、それを参考に良い家庭を子どもは築くことができる可能性が高くなります。

「親が変われば子どもが変わる」
とは、本当のことだと思います。
 子どもの心は変えられないが、自分の心は自由に変えることができます。 
まず親が、自分の心の間違いに気づき、それを直すこと。
それが先です。
子どもの要求する前に、自らの心を善なるものに変えること。
そうしていくうちに、周りの環境がどんどん変わるという体験をする人が現れると思います。


■低年齢化する凶暴性防止に親が果たすべき役割
(JIJICO - 11月02日 16:41)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=180&from=diary&id=3693378

  • 亀田郡七飯町 スピリチュアルカウンセラー

  • 茅部郡鹿部町 スピリチュアルカウンセラー

  • 茅部郡森町 スピリチュアルカウンセラー

  • 二海郡八雲町 スピリチュアルカウンセラー

  • 山越郡長万部町 スピリチュアルカウンセラー

  • 檜山郡江差町 スピリチュアルカウンセラー

  • 檜山郡上ノ国町 スピリチュアルカウンセラー

  • 檜山郡厚沢部町 スピリチュアルカウンセラー
  • « わかりやすく説明したくなる | トップページ | 高齢者対策を急げ! »

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1705366/71403341

    この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの心は親の自由にはならない。だが自分の心は変えられる!:

    « わかりやすく説明したくなる | トップページ | 高齢者対策を急げ! »